大子町ではこんな制度が

サンプルとして

ふるさと納税という言葉が表立った舞台に登場してきたのはどのくらいだろうか考えてみると、実は不確かな人もいるのではないか。情報とはそんなもので、表へと知られていなかっただけで実は一部の人々には既に周知の事実として知られている、なんてこともよくある話だ。

まず最初に起源となる前後関係を見てみようと思う、始まるは今から7年前の2008年に行われた『地方税法などの一部を改正する法律』が施行されたことにより、ふるさと納税の起源たる法律が作られるようになる。ここで一つ注意点なのは、ふるさと納税という言葉は便宜上使用しているだけで、きちんとした法律の原文内においてはふるさと納税というはっきりとした名称は使用されていないのだ。ではどうしてふるさと納税と呼んでいるのかについては、便宜上というのもあるかも知れないが地方を活性化させるために考案されたものとして、より多くの人に知ってもらえるようにすぐ理解してもらえるようメディアなどが考えた言葉と、そう考えられる。

始まりを紐解いてみると実ははっきりと、名称などが付けられた経緯について記されていないと思う時もあったかもしれないが、その実始まりという始まりをはっきりと明記しているケースは意外と少ないのかもしれない。ではふるさと納税とは一体どんなものなのか、具体的な例として茨城県は大子町を例としてふるさと納税について話していこう。

ふるさと納税はどこにするか

ぜひリフォーム101(イチマルイチ)が手掛けたこだわりの住宅をご覧ください。リフォーム 神戸市・明石市や神戸市、加古川市を中心に施工した事例を紹介しております!ご相談もお気軽にどうぞ♪http://reform101.co.jp/menu

大子町の場合

茨城県にある大子町なんて何処にあるんだ、という意見も出てきそうなので街について簡単に話をしよう。大子町とは茨城県の中でも北西部に位置している街で、観光名所として一番有名なのはドラマの撮影にも使用されたことのある観光スポットがある場所となっている『袋田の滝』が存在していることで、地元としてもそれなりに知られている。また温泉やリンゴ狩りでも有名な街としてかつては田舎の名スポットとしてそれなりに近隣住民を始めとした人々にも愛されていた街だったが、人口減少などの憂き目にあって財政は決して良くない状況にあることが目に見えて取れる。昨今は特に地方財政の再建が取り沙汰されており、そうした中でも顕著とは行かないが大子町としても全盛期ほどとは行かずとも何とかまともに街としての運営を行っていけるくらいに回復していける程度には、立て直したいと足掻いている。

その取り組みの一環として、ふるさと納税を導入している。ふるさと納税をどのように湖の街が使用するかという指針については次のような用途で使用していこうとする動きが見られている。

  • 1.自然環境の保全:森林整備・地球温暖化対策、また袋田の滝といった地域資源の保持目的
  • 2.次世代育成支援:子育て支援、福祉・医療・教育の充実
  • 3.地域産業の振興:基幹産業である農林業や観光などを活かした施策を始め、地元ならではの特産物を販売出来るよう道を広げる
  • 4.都市住民と交流事業:田舎暮らし授乳環境整備や空き家・遊休農地理活用対策など

上記のような利用用途でふるさと納税として寄付されたものを使用していくとしている。こうしてみるとふるさと納税と言われているものも、実は地方にとっても非情に重要な資金として扱っているところもあると考えられている。

やっぱりある詐欺事件

ふるさと納税というもに関して、こうしてみると自分が生まれ育った土地への恩返しができる、なんて愛郷心を抱いている人もいるはず。どんなに離れていてもあの街で育った事を忘れない、という健気過ぎる郷愁を持ってしまうからこそ、ふるさと納税を振り込んでくださいといった詐欺事件も発生しているのかと、つくづく考えさせられてしまう。こうした事例は何かと問題として上がっているが、基本的にふるさと納税を振り込んでくださいといった要求をすることはまずありえない。

確かに振り込むことで地方自治体の財政に少しでも援助できると思えばそれに越したことはないが、そもそもふるさと納税とは必ず納付しなければならない税金ではないため、請求されること自体ありえないもの。ただ最近ではふるさと納税の納付を請求する詐欺事件も多く、ATMなどに行くと注意書きとして追加されていたので、本当に手口として色々なやり方があるなぁと別の意味で感心してしまうくらいだった。

騙されないように注意したいというのもあるが、ふるさと納税はそもそも義務付けられたものではない、ということを覚えておくといいだろう。

ふるさと納税はどこにするか

ふるさと納税の意義

そもそもふるさと納税とは一体どうして作られたのか、という点を追求していくと結論めいた答えもすでに見えてくるかも知れないが、地方財政への援助を目的としていることにある。無論それはたやすいことではない上、必ずしもその料金が善意を持ってして振り込んでいるという思惑を持っている人ばかりではない。ふるさと納税と言われる物を、そもそも義務付けられた税金ではないのにどうして利用するのか、そこのところも見てみよう。